こじきりんブログ

自分が読んだ漫画や小説のおすすめです。皆さんが本を選ぶ時の参考にして下さい。

【オススメマンガ紹介】ブルーロック [あらすじ、感想] 覚醒サッカーバトル育成マンガ

今回はサッカー漫画で今一番熱い作品を紹介します。
リアルなサッカーと言うよりは、黒子のバスケのようなマンガ的表現が多用されているサッカーマンガです。最近はリアルテイストなサッカー漫画が流行している中、あえてこのような現実には起きえないシチュエーション、プレー誇張表現はブルーロックでしか味わえません。

 

 

 

f:id:kojikirin:20201020192303p:plain






 

※画像クリックで購入リンクに飛べます

電子書籍はこちら

~あらすじ~

日本ではワールドカップ優勝を本気で目指す大人達は居なかった。利権と話題性でエンターテイメントとして金儲けとしか考えられていなかったのだったが、本気でワールドカップ優勝を目指す人たちがいた。

「日本がワールドカップで優勝するために、日本に世界一のストライカーを誕生させる。」

その目標を掲げられ、全国各地から集められたのは将来有望な18歳以下のストライカー300名。主人公 潔 世一 (いさぎ よいち)もその一人だった。

才能豊かな300人の中から、ストライカーとして認められるのは、たったの一人。
300人の選別が行われる会場、その名も『ブルーロック』。

果たして主人公 潔 世一 はブルーロックで生き残る事が出来るのか。



 

 

 

~第1話 冒頭~

f:id:kojikirin:20201020204322p:plain

 

サッカー協会の会長が、「サッカーはビジネスだ」と言い張るところから始まる。現実世界と同様、適当によさそうな監督を選んで、負けたら即クビにすれば金儲けは出来ると豪語するのだった。



現実世界ではそんな事言う訳がないと、苦情が来そうな内容からスタートする。しかし世論からするとこんなような印象を持っているのが、正直なところ。そこをストレートに表現する点から、これからどんなマンガが始まるのか、期待をさせてくれる。


f:id:kojikirin:20201020204326p:plain

f:id:kojikirin:20201020204330p:plain

 


真剣にワールドカップ優勝を目指そうとしている新人職員の アンリに対して、会長はバカにするように問いかける。

「本気で信じてるの?優勝できるって!?」

新人の持つやる気を奪うような言葉を投げかけられるアンリだったが、アンリも負けじと言い返す。

「当たり前だろ、銭ゲバ狸。それが私の夢だ」

そんなことを言われても会長は飄々としているのだが、なにか策はあるのか?と問いかける。しかし、馬鹿にした態度ではなく、純粋に疑問なようだ。
周囲の面々は、アンリの暴言に驚きつつも、「胸デケェ」としか思っていないという残念な組織なようだ。

周囲の目は気にせずアンリは自分の提案を熱くプレゼンするのだった。

ここから物語は始まっていく。





クラブチームとか、部活ではなく、日本のサッカー協会が動く点が他のマンガではなかった点。なぜそのような働きかけになったのかは、今後読んでいけば分かる。
今はまだ語られていないが、アンリがワールドカップ優勝に固執する理由や、キーマンである コーチの 絵心 甚八 (エゴ ジンパチ)の過去はいずれ語られるであろう。

冒頭部分で、日本のサッカーを取り巻く環境を簡潔に、リアルに描いている点に好感が持てる。



 

~第1話 主人公~

 

f:id:kojikirin:20201020205928p:plain



主人公はFW で高校2年生の潔 世一 (いさぎ よいち)

舞台は埼玉県大会決勝。
後半38分 1点ビハインド

2人のDFを引きはがし、残るDFと1対1

DFとの駆け引きはあっさり勝利し、ついにGKと1対1のシーン。

「シュート決めてやる」

その時だった。

f:id:kojikirin:20201020210342p:plain

f:id:kojikirin:20201020210345p:plain



チームメイトが自分を呼ぶ声がした。

たしかにパスを出せば一点入るか。。。

そして監督から、チームプレーだ!確実に決めろ!と指示が入る。

そうか、サッカーはチームプレイだな。と冷静に考え直し、チームメイトに完璧なパスを出す。あとはゴールの枠に入れるだけ。

これで同点だ。



f:id:kojikirin:20201020210338p:plain

f:id:kojikirin:20201020211215p:plain





しかし、狙いすぎたシュートは、ゴールポストに弾かれる。

世一がヤバイ!!と思った瞬間、日本サッカー界 期待の星 吉良 涼介が鮮やかなゴールを決め、世一のチームは敗退が決定するのだった。


シュートを外したチームメイトを慰め、負けたチームだが、お前たちは俺にとって日本一のチームだったぞ!!と号泣する監督、チームメイト。

この敗北はそれぞれの人生で無駄じゃなかったと思える日が来ると、泣きながら伝える監督だったが、世一だけはそんな周囲を俯瞰した表情で見つめていた。


帰宅中に世一は悔しい気持ちが堪えきれずに泣いてしまう。

サッカーは1人でやるスポーツじゃない、11人でやるスポーツだ、一人じゃ勝てないし、、、そう言い聞かせながら。

 

 


チームプレイだからしょうがない。と言い聞かせる姿が、印象に残るシーン。
監督の俺にとって日本一のチームだ、だったり、この負けがいい経験になるんだ、だったり、現実世界のありふれた部活の風景が目に浮かぶようだった。



 

 

~第1話 招待~

f:id:kojikirin:20201020211915p:plain

 

f:id:kojikirin:20201020211912p:plain

 

県大会で敗北し、落ち込む主人公の下に、強化指定選手の案内が届く。
試合に負けた当日に案内が届くことと、自分が選ばれたことに驚愕する主人公。

世一は、なぜ選ばれたんだ?そんな疑問を感じつつ、誰かが自分を評価してくれた事実に喜びをかみしめながら、案内に記載してある会場へ向かうのだった。

そこで出会ったのは 日本サッカー界 期待の星 吉良 涼介だった。

吉良は明るく、世一に話しかける。

視野が広く、センスが良いと褒められた世一は、驚きながらも自分は結構すごいのでは?と自信をつけるのだった。











~第1話 説明~

 

f:id:kojikirin:20201020213050p:plain

f:id:kojikirin:20201020213047p:plain



全員が集まった途端暗転し、照明が一つだけ照らされる。

唐突に エゴ  ジンパチが一方的に説明を始める。


①300人のFWが集められた
②日本がワールドカップ優勝する為に雇われている
③世界一のストライカーを生み出す実験を行う
④ブルーロックという施設で毎日生活する
⑤生き残れるのはただ一人


と言う現実離れしたものだった。

しかし今は高校選手権大会中。

全国大会行きが決まっている、吉良はチームに迷惑がかけられないと参加を辞退しようとする。

そんな吉良にエゴは、「重症だな。お前ら、帰れ。」と言い放つ。
更にこう続ける。

「世界一のストライカーになるより、サッカー後進国のハイスクールで一番になることが大事なのか? だから日本のサッカーは2流なんだよ」


どうしても納得できず、反論する吉良。

「香川選手や本田選手は、みんなの憧れだ、撤回してください。」

吉良を小馬鹿にしたように、煽るエゴ。

「本田??香川??でもそいつらワールドカップ優勝してなくない?」

追い打ちをかけるように矢継ぎ早に説明していくエゴ

「世界のストライカーたちは、エゴイストばかりだ!!味方にアシストして 0-1で勝つなんかよりも、3-4でハットトリック決めて負けた方が気持ちいいなんていうんだ!!!日本に足りないのはそれなんだよ!!!」



すこしずるエゴの言っている事を納得してしまう高校生たち。
世一は、思い描いてしまう。自分一人が、ワールドカップでFWとしてシュートを打つ姿を。








現日本代表選手をバカにするシーンが描かれており、様々な方面から非難が飛んできそうな内容である。しかし個人的には共感できてしまった。実際に日本はサッカーがあまり強くない。その理由も役割が曖昧だから、組織力でしか闘えていないから、と言われれば、うーんそうかもしれない。と感じてしまう。

主人公も今までの価値観からすると間違っている!そう思いながらも、唯一無二のストライカーになりたいという衝動( エゴ )に駆られ走り出していく姿は、心を打つ演説だったことを如実に表現していて、素晴らしく思えた。



 

 

~第1話 決意~

 

f:id:kojikirin:20201020214853p:plain

f:id:kojikirin:20201020214849p:plain



エゴに扇動された主人公 世一は、我先にと扉の先へ進む。
走り出した世一をみて、周囲の選抜メンバー達も後を追いかけるのだった。

選ばれたメンバー300人は全員このプログラムに参加することが決定した。


しかし選ばれるのはただ1人


世一はエースストライカーになる事が出来るのか


そしてブルーロックとはなんなのか


これから先が非常に気になります。





 

~今後のプログラム~

 



入寮テスト・・・おにごっこ


f:id:kojikirin:20201020215525p:plain





1次選考・・・グループリーグマッチ

f:id:kojikirin:20201020215651p:plain





2次選考・・・レベルアップステージ


f:id:kojikirin:20201020215950p:plain





1stステージ・・・個人シュート練習

 

 

 

f:id:kojikirin:20201020220225p:plain




 

 

2nd~5thステージ・・・奪敵決戦(ライバルリーバトル)

 

 

 

f:id:kojikirin:20201020221633p:plain

 

f:id:kojikirin:20201020221950p:plain

 

f:id:kojikirin:20201020221727p:plain

 

 

 

 

 

 

 

※画像クリックで購入リンクに飛べます

電子書籍はこちら



~感想~

とにかくかっこいいんですよね。
読み進めればわかるんですけど。
2020/10/20現在、104話まで描かれていますが、まだ2次選考の途中です。まだまだ先は長そうですが、物語のテンポとしても遅く書かれているわけではありません。結果も割とすぐに出ますし、主人公が成長(覚醒)していく姿だけでなく、周りも実力を上げてきて、主人公を追い抜いてしまったり、その周りを更に追い越す主人公だったりと、サッカー漫画としてじゃなくても、単純にエンタメとして面白いです。

自分がお気に入りなのは、58話~67話の馬狼と世一と凪の試合です。
世一が覚醒した時の口が悪くなった後、試合終了後にはちゃんと謝って実力を認めるところが、世一のいい所なんだなと、ほっこりします。

どうなるんだろう、といつもワクワクしながら少年のような心で楽しめる作品です。

サイコーーー!!